【レギオンさんのFXレッスン-第21回-】初心者がFXを1年9か月学習して変わったこと現状の課題

レギオンさんのFXレッスン

レギオンさんの個別スクールを利用して、1年9か月経ちました。月1度のレッスンは21回目!

超初心者の私が学習してどんな変化があったか。
これから学習するか迷っている方、学習中で先が見えずくじけそうな方の参考になれば嬉しいです。

目次

変わったこと

エントリー回数が減った

初心者にありがちですが、私も「エントリーできそうな場所」をいつも探していました。
「エントリーしない=機会損失」のように感じていたんですよね。

本当は「エントリーする=リスクを取る=損することもある」ということなのに・・

今は自分で決めたパターンで入るようにしているので、自然とエントリー回数が減りました。
(ただこれは授業に並行して勝手にやったリアルトレードで高い授業料を払ったからでもあります・・)

勘でエントリーすることが激減した

自分のエントリーパターンができた、というのもありますが「なんとなく上がりそう(下がりそう)」でエントリーすることが激減しました。

裁量トレードなので「経験」に基づいた「勘」の要素は最後までありますが、先生と繰り返し 「 何でここで入った方がいいか 」「 見送った方がいいか 」話していたことで、エントリー根拠を考える癖がついたと思います。

「全部わかりません」から「これはどう考えますか?」へ

レッスンでは「気になるチャート」を先生に質問します。

でも初心者の私は、何をどう見ればいいのかわかりません。
自分なりにチャートを分析できたとしてそれが合っているのかもわかりません。

何をどう考えればいいのかわからない・・全部、わからない・・

結果、「全部見て欲しい」ということがよくありました。
そんなことが何回も続くと、「いい加減、先生にうざがられないかな」としり込みしてしまい、次のレッスンまで1枚も提出しなかったこともしばしば。

今ではエントリーパターンが絞れた&根拠がしっかりしたため、「先生の視点が知りたいチャート」が減りました。

ちょっと前まではとても考えられない進歩です。

現在の課題

ずばり、ポジションを持った後のルールづくりです。

今までエントリーポイントを絞ることに焦点を当てていたので、エントリ―後のルールが曖昧です。
利確と損切、日をまたぐか、週をまたぐかなど。

先生にヒントをもらったので、それをもとにルールづくりをしてみます。

あとがき

FXの学習学習は暗闇のトンネルを進むようなもの、とよく例えられますが、まさにそんな感じでした。

あまりにレベルが低すぎて、自分がチャートから何か読み取ることができるようには思えない

チャートが読めたとして、そこから自分が何か判断することができるようになるとは思えない

自分の手法ができるようになるとは思えない。

まさに「ないない尽くし

でも白紙チャートから何かを読み取ろうと続けた結果、自分なりのエントリーパターンができました。
続けていけば、得るものは必ずあります!

この記事がFXの学習で悩んでいる方の役に立つと嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる