【水トラブル】相場より高いのはイヤ!ビビりがスムーズに値段交渉した手順

築16年のマンションに住んでいます。

定期点検で、洗面所のシャワーホースの亀裂による水もれが見つかりました。
お風呂のシャワーも温かくなりにくくなっていたので、合わせて修理することにしました。

無料見積もりを依頼してビックリ!水の修理って高い!

値段交渉って、あんまりやったことないんだけど・・

相場よりも高いのか気になる・・

水もれは、使うたびに染み出る程度で、緊急性が高くなかったので、相見積もりしました。

最終的に、言い値より2万4千円安くしてもらいました

ビビりが「少しでも安くしたい」というより、「相場より高く払いたくない」と気持ちで行った値段交渉の一部始終を記事にしました。

「水が止まらない」など、マンションの下の階まで被害を出すような緊急事態は元栓を締めて、相見積もり云々よりさっさと修理しましょう。

目次

実際の手順

修理箇所
  • 洗面所のシャワーホースと蛇口の交換
  • お風呂のシャワーホースと蛇口の交換
STEP
大手に無料見積もりを依頼

クラシアンに依頼しました。
水道は大事なので、知らない会社に破格の値段で依頼するより、少し高くても大手に頼りたいタイプです。

大手なら、修理後に問題があっても対応してもらえそうだし、担当者が合わないときに代わりをお願いできるかなぁと。

STEP
帰り際に他社の「ネガティブキャンペーン」をお願い

以前ポストに入っていた、水道修理のマグネットを取り出して、

この会社のネガティブキャンペーンをお願いします」と聞きます。

もっと普通に、

「この会社はどうですか?」と聞いてもいいです。

ネットの口コミより、業界内のことは業界の人が詳しいです。「競合他社のネガティブな面を教えてください」と聞くと、たいてい快く教えてくれます。

今回は、

「その会社と、○○は、よくやり直しの依頼を受けるのでやめた方がいいです。この地域はうちか、水道職人さんならしっかりした仕事してくれると思います」

と教えてもらいました。ありがたや。

ちなみにマグネットの会社は、この地域で検索トップでした。

STEP
教えてもらった優良業者に無料見積もりを依頼

電話予約のときに、修理箇所と相見積もりであることを伝えます。

意味あるかわからないけど、そのつもりで来てくれる気がするので。

STEP
見積りの結果を見て、サクッとお願い

提示された金額は、13万4千円でした。クラシアンが、11万2千円だったので

「クラシアンの方が2万円以上安かった・・10万円だったら即決します!」とお願い。

再計算 & 上司に確認してもらい、「11万円で頑張ります」と言ってくれたので、決定。

正直、まだ高いなと思ったけど、このまま作業してくれるということで、スピード感にお支払いしました。

あとがき

日々の節約も大事ですが、こういう大きなお金が出るときに、必要以上に多く払わないことも大事だと思っています。

私は値段交渉に慣れていないので、もっといい方法があると思いますが、ビビりでもこの流れでスムーズに値段交渉できましたよ、という参考にしてもらえたら幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる